物語がある江原道

  • 페이스북 공유하기
  • 카카오 스토리 공유하기
  • 인쇄하기

山に沿って、川に沿って、味に沿って旅立つ楽しい江原道ロードトリップ

旅行情報

コース紹介

春川南怡島 → 春川タッカルビ横丁 → 原州ミュージアムサン → 平昌蓬坪市場 → 武夷芸術館

地域

春川、原州、平昌

江原道ロードトリップの風景は叙情的です。遠くから見下ろしてみるとまるで一まいの風景画のようです。川に沿って人が集まる所に自然に市場が生じ、食べどころがいっぱいです。川と共に流れるように旅行して、心を満たし味を吟味する江原道ロードトリップに旅出しましょう。

南怡島

Gingko Tree Path
Tomb of General Nami

南怡国共和国に足を踏み入れると、空高く伸びた木の森が広がる。涼しい日陰に沿って歩くと絵本遊び場、レストラン、メタセコイア道、ホテル静観などが順番に出てきます。足が運ぶのに身をまかせてゆっくり歩いても良く、自転車や電気自動車を借りて隅々見回すのもいいでしょう。自転車に乗ってメタセコイア道、モミ道、イチョウ道、白樺の道などを川風に吹かれながら走れば夏の暑さも忘れてしまいます。南怡島に南怡将軍の墓があるという事も覚えておきましょう。南怡島は本来春川市に属した陸地でしたが、1944年に清平ダムが建設されて島となりました。南怡将軍は朝鮮睿宗の時代とき柳子光の計略により謀反の罪をかぶって南怡島で流刑生活をしました。ここの墓は本物ではなくであり、実際は京畿道華城にあるそうです。

春川タッカルビ横丁

春川タッカルビ横丁

└ 春川タッカルビ横丁

南怡島が春川にあるという事実を知っていたならば旅行の日程に必ずタッカルビを入れるべきです。 「春川に来てタッカルビを食べなかったら春川に来た意味がない。」という旅行者の格言を忘れてはいけません。 春川の有名な食べ物の一つであるタッカルビは、1960年代の居酒屋でマッコリ一杯と共につまみとして作られた料理で、チープで手頃な価格で、大学生と庶民に人気を呼び今のように名物となりました。

ミュージアムサン

Museum SAN sculpture

└ ミュージアムサンのモニュメント

Seosan Pebble Stone Water Garden that turns black when touching water

くねくね道を走って原州ミュージアムサンに向かいます。世界的な建築家安藤忠雄の設計で光、水、石、自然、建築物が一つの芸術作品のように調和したミュージアムサンはまるで童話の一場面を連想させます。水に触れると黒く変わる瑞山海美石が敷かれているウォーターガーデンに沿って展示場の入り口へと向かう足取りはまるで空中を歩くかようです。ゆっくり歩きながら光の角度に応じて水に反射される建物の線の造形性を鑑賞すると自然と感嘆が出ます。展示場には、光をテーマに作業しているジェームズ・トレルの作品があります。

蓬坪市場

蓬坪市場の入口

└ 蓬坪市場の入口

蓬坪市場の入口

└ 蓬坪市場の入口

平昌と言えば李孝石小説「そばの花咲く頃」が欠かせませんが、小説の中の背景になった蓬坪市場があります。400年の歴史を誇る蓬坪市場は最近衰退していましたが、地域の住民たちが力を合わせて伝統を守り改装をしました。蓬坪枚名物のそば料理を味わい、その昔の小説の中の蓬坪市場を思い出してみるのもいいでしょう。

武夷芸術館

武夷芸術館

└ 武夷芸術館

武夷芸術館

└ 武夷芸術館

蓬坪章市場から10分の距離に武夷芸術館があります。物足りなさが残っていた廃校スペースに画家と彫刻家、陶芸家などの異なる分野の芸術家が集まって美しい展示スペースを作りました。さびついた乗り物がいっぱいだった運動場は、野外彫刻公園となり、みずぼらしく残っていた学校の裏側は伝統的陶器を焼く窯に改装されました。子供のための興味深い体験プログラムは、家族連れの外出に最適な場所となりました。涼しい秋の風に乗って現れる美しい白いそばの花のように、30年間の作品を展示するそばの花作画室と武夷陶房、ソハ書房などの分野を異にする作品たちが美しい蓬坪の丘を訪ねてくる蝶の羽ばたきのように芸術館のあちこちをもれなく満たしています。

周辺情報