公共交通情報

  • 페이스북 공유하기
  • 카카오 스토리 공유하기
  • 인쇄하기

公共交通情報

航空交通

襄陽(ヤンヤン) 国際空港

江原道(カンウォンド)襄陽郡(ヤンヤン・グン)巽陽面(ソンヤン・ミョン)銅湖里(ドンホ・リ)に位置した襄陽(ヤンヤン)国際空港は、施設と立地条件が劣悪な束草飛行場と着陸台施設が不足して安全基準に満たない江陵飛行場の代替空港として雪岳及び金剛山など嶺東圏の観光資源を活用し中長期的に外国観光客を誘致及び地域均衡開発などを目指して航空交通サービスを提供しています。 嶺東圏の中心拠点空港であり江原道観光の航空関門として利用客の便宜のために1年317万人を受容できる旅客ターミナルと498台が駐車できる駐車場施設を有しています。

問合せ先 : +82-33-670-7317
ホームページ : http://www.airport.co.kr/yangyangjpn/main.do
全体敷地面積 : 74万坪
滑走路の長さ : 2、500×45m (A300級中型航空機年間 4万 3000回離着陸可能)
旅客ターミナル : 面積 7,000坪 (年間 193万名 収容
国内線
- KOREA EXPRESS AIR [済州(チェジュ) - 襄陽(ヤンヤン):1日2回運航]
- KOREA EXPRESS AIR [釜山(プサン)/金海(キムヘ) - 襄陽(ヤンヤン):1日1回運航]
国際線 : KOREA EXPRESS AIR [北九州(きたきゅうしゅう) - 襄陽(ヤンヤン):毎週火曜日、木曜日、日曜日のみ1回運航]
原州(ウォンジュ)空港

江原道横城郡横城邑(カンウォンド フェンソン・グン フェンソン・ウブ)に位置する原州(ウォンジュ)空港は、現在原州(ウォンジュ)∼ 済州(チェジュ)間の航空便が運航されている。済州(チェジュ)路線の需要が徐々に増えるによって運航便数の拡大が予想される。

問合せ先 : +82-33-344-3311
ホームページ : http://www.airport.co.kr/wonjueng/main.do
全体敷地面積 : 5,808㎡(one MD-82)
滑走路の長さ : 2,743m × 45m
旅客ターミナル : 1,596㎡
国内線 : 済州(チェジュ) – 原州(ウォンジュ) : 1日 1回 運航

海上交通

海上交通は束草(ソクチョ)・注文津(チュムンジン)・玉溪(オクゲ)・墨湖(ムッコ)・北坪(ブクピョン)・三陟(サムチョク)・臨院(インウォン)港などを通過し、昭陽湖(ソヤンホ)を利用した春川(チュンチョン)∼ 楊口(ヤング)∼ 麟蹄(インジェ)(新南、シンナム)の間の内陸水運も開発・利用されている。

東海(トンへ)港

東海(トンへ)港は、もともとセメントと石灰石を国内外に輸送する港であったが、1998年金剛山(クムガン山)観光船就航によって、その名声が全世界の観光業界に広く知られるようになった。
環東海時代の要衝地域にある東海(トンへ)港は、これから南北交流及び北方交易と国際海上観光の先導的な役目を果たしていくであろう。

位置 : 江原道 東海市 (カンウォンド ドンへ・シ)
港内水面積 : 13,542,000㎡ (1,000㎡)
水深 : (-)10m ~ (-)14m
問合せ先 : +82-33-533-3011
ホームページ: http://www.dbsferry.com/main/main.asp
束草(ソクチョ)港

束草港は束草市内から最も訪ねやすい港です。ロシアと白頭山行きの国際旅客ターミナルがあり、襄陽鉄鉱が開発されることにより鉄鉱石の船積港としての役割も果たしています。雪嶽山と東海の海が調和を成し、スケトウダラ、サンマ、イカなどを主な魚種とする漁港でもあり、観光港としても開発されています。

問合せ先 : +82-33-639-2544

Rai鉄道

鉄道にはソウル(清凉里駅、チョンリャンリ)⇔春川(チュンチョン)を連結する京春線、ソウル清凉里駅(チョンリャンリ)から原州(ウォンジュ)を通過する中央線、中央線の栄州(ヨンジュ)市から分岐して江陵(カンヌン)まで通過する嶺東線、東海(トンへ)市から三陟(サムチョク)市まで通過する三陟線が置かれている。忠清北道堤川市(チュンチョンブクド ジェチョン・シ)から走る太白線が古汗(コハン)・太白(テベグ)(黄池、ファンジ)まで延長されて嶺東線と白山(ペクサン)で連結され、甑山(チュンサン)で分岐して旌善(チョンソン)・九折山(クジョルサン)までつながる旌善線などが敷設されている。特に中央線、太白線及び嶺東線の一部が東海(トンへ)市まで電化し、この地域の資源輸送と地域開発及び観光振興に大きく貢献している。

鉄道庁のホームページ : http://info.korail.com/2007/eng/eng_index.jsp
問合せ先 : +82-1544-7788 , +82-33-742-6072
KTX 京江線(ソウル~江陵路線)

ソウルから平昌まで約1時間30分所要
ソウルから江陵まで約1時間40分所要
仁川国際空港から江陵までは約2時間 乗車券購入

korail
江原道内の主要駅
春川駅

- 問合せ先 : +82-33-241-7758

南春川駅

- 問合せ先 : +82-33-257-7022

原州駅

- 問合せ先 : +82-33-742-6072

正東津駅

- 問合せ先 : +82-33-520-2523

東海駅

- 問合せ先 : +82-33-521-7788

太白駅

- 問合せ先 : +82-33-552-2401

寧越駅

- 問合せ先 : +82-33-374-7788

旌善駅

- 問合せ先 : +82-33-563-7788

道路及び高速道路

The江原道(カンウォンド)の道路交通は太白山脈(テベクサンメク)の障壁を陳富嶺(ジンブリョン) (麟蹄(インジェ)∼杆城(カンソン)) ・彌矢嶺(ミシリョン)(麟蹄(インジェ)∼束草(ソクチョ)) ・寒渓嶺(ハンゲリョン)(麟蹄(インジェ)∼襄陽(ヤンヤン)) ・九龍領(クリョンリョン)(洪川(ホンチョン)∼襄陽(ヤンヤン)) ・ ジン峠(ジンゴゲ)(珍富(チンブ)∼連谷(ヨンゴク)) ・大関嶺(テグァンリョン)(横渓(フェンゲ)∼ 江陵(カンヌン)) 及び白鳳嶺(ペクボンリョン)(臨溪(インゲ)∼東海(トンへ)) などの峠を通じて嶺西と嶺東が繋がれる。主要街道には京元(キョンウォン)・京春(キョンチュン)・春原(チュンウォン)及び江陵(カンヌン)街道がある。

高速国道は嶺東高速国道と東海高速国道の一部である江陵(カンヌン) ∼ 東海(トンへ)区間が開通することで嶺東と嶺西は1日生活圏になり、2001年末、中央高速国道も(春川(チュンチョン)∼大邱(テグ))が完工して慶尚道(キョンサンド)地方との交通がより便利になった。

京春高速道路とソウル襄陽高速道路が開通してソウルで春川までは約1時間、ソウルで襄陽までは約2時間が所要される。

ソウル-襄陽高速道路

総延長150.2㎞
ソウルで襄陽までは約1時間30分が所要 詳細情報

Expressway image

バス

インターネット予約
高速バスの統合ホームページ : https://www.kobus.co.kr/spexp/main.do
江原道内の主要のバスターミナル
春川
- 春川市外バスターミナル : +82-33-241-0285
- 春川高速バスターミナル : +82-33-256-1571
原州
- 原州市外バスターミナル : +82-33-734-4114
- 原州高速バスターミナル : +82-33-747-4181
江陵
- 江陵市外バスターミナル : +82-33-643-6092
- 江陵高速バスターミナル : +82-33-641-3184
東海
- 東海公営バスターミナル : +82-33-532-3800
- 東海高速バスターミナル : +82-33-531-3400
太白
- 太白市外バスターミナル : +82-33-1688-3166
束草
- 束草市外バスターミナル : +82-33-633-4230
- 束草高速バスターミナル : +82-33-631-3181
三陟
- 三陟総合バスターミナル : +82-33- 572-2085
- 三陟高速バスターミナル : +82-33-572-7444
襄陽
- 襄陽高速・市外バスターミナル : +82-33-671-4411

タクシーやレンタカー

タクシー

江原道(カンウォンド)には清潔\で親切なタクシーが多くあり、安全で料金も高くない。タクシーの乗場は主に都市の繁華街にあり、道端で手をあげればタクシーが止まる。コールタクシーも利用できるが、一般タクシーより料金が少し高い。タクシー料金は、距離と時間によって異なる。出発して2㎞までは2800ウォン(2017年基準料金 )で、その以後、144m当たり100ウォンが追加される。もしタクシーが距離上 15Km以上を走行しないと、35秒ごとに100ウォンが追加される。

レンタカー

レンタカーを利用するためには国際運転兔許が必要である。運転可能者は25歳以上である。車をレンタルする前に、必ず運転中の事故や損傷などについてのレンタカー会社の保険及び規定をよく調べた後でレンタルすること。